コンタクトレンズは使用方法を守ろう

コンタクトレンズは、視力矯正用に使用するもので、眼科で目の状態をチェックしてもらい、問題がなければ処方箋をもらって作成することができます。最近はカラコンで度ナシレンズというものもありますが、度が入っていない場合でも、目にコンタクトレンズを入れるのであれば医師に目の状態をチェックしてもらって、問題がないかどうかを確かめてもらう必要があります。

最近はコンタクトレンズがとても身近なものになってきたので便利にはなりましたが、自分の目のことを考えていないと目に対してダメージを与えてしまいます。コンタクトレンズの使用方法として必ず守らなくてはいけないのは、まずは使用できる期間を必ず守ること。ワンデータイプも多いのですが、それは1日しか使ってはいけません。1日使い捨て専用で薄くて目にフィットしやすく作られているので、耐久性はあまりないのです。それを無理に使いつづけると、目の中で割れてしまうとか、目に傷をつけてしまうなど…問題が発生します。

また、医師の処方なしにコンタクトレンズをつけることは絶対にしてはいけません。目は替えが効かないですから、日ごろから気をつけておかないと後で取り返しのつかないことになってしまうかもしれないのです。

Leave a Reply

You can use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>